弔電をお通夜 葬儀といった時にもらったときには、相手にお礼状を送ろう


お悔やみ電報・弔電をお通夜 葬儀といった時にもらったのなら、相手にお礼状を送るようにしましょう。

ここから先は、そのことについて説明していきたいと思う。

お悔やみ電報・弔電をお通夜 葬儀といった時にもらうこともあると思います。

そういった時には、必ずお礼状を送るようにしましょう。

向こうは送料を払ってお悔やみの電報を送ってくれたのです。

ですので、こちらがそのお礼状をだすのは当然ですよね。

また、これを出さなければ、相手に嫌な気分にさせてしまうと思います。

そうなってしまうと、こちらも後で困りますよね。

ですので、お悔やみの電報のお礼状は必ず出すようにしましょうね。

なお、この返信ですが、色々マナーがあります。

例えば、送るタイミングとか その書き方などいろいろあるようです。

お悔やみの電報のお礼状を書くときには、そこを十分に注意してくださいね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報・弔電とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないとき 出席を辞退する時などに喪主に送る、哀悼の意を表わす電文のこと。

郵便局のレタックスや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

お悔やみの電報の事で良くされる質問の種類は、次の通り。

1 会社としての香典の出し方 生花のお返しはするのか
2 おくやみの電報の依頼に対するお礼状 宛先喪主と葬儀委員長への挨拶の仕方
3 兄弟に送るときの宛名の書き方 受取人の名称がわからない場合

などの電報の質問がある。

これらは、たくさんの人が良く悩んでいる内容で、私の会社の同僚も困った事があると言っていました。

お悔やみ電報の詳しい事は、葬儀参列のかけこみ寺 はてなダイアリーなどのところを参考に。

香典の正しい包み方や。

お悔やみ電報をメールで送る際のコツなどが載っており、面白いですよ。
|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。