弔電を喪主に送るときには、送り先を考えて郵送しましょうね


お悔やみ電報・弔電を喪主に送ることもあるでしょう。

その時には、送り先を考えて郵送するといいですよ。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思う。

この記事を読んでいる方の中には、お悔やみの電報を喪主に送ろうと思っている人もいると思います。

例えば、出張している時に親戚が亡くなったので、どうしてもいけない。

そこで、お悔やみの電報を送ろうという人もいるでしょう。

また、会社で大事な会議があるので、葬儀 葬式にいけなくて、弔電を郵送する方もいるかもしれませんね。

そういった時には、送り先・おくり先を考えて送るようにしましょうね。

これは当たり前のことかもしれません。

しかし、意外と間違える方が多いようです。

お悔やみの電報というのは普通、葬儀場に送ると思います。

しかし、家族葬の場合には異なってきます。

このときには、お悔やみの電報を喪主の家に送ることになります。

このように、弔電の送り先というのは変わってくるので注意しておいてくださいね。

話は変わりまして、お悔やみ電報とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときなどに喪主に送る、哀悼の意を表わす電文のこと。

郵便局のレタックスやKDDIのネット上のサイトで申込・申し込みを行なう事ができます。

お悔やみの電報の決まりごと しきたりの注意点には、次のようなことがあげられる。

1 あて先・宛先の送り方・いつ送るか 49日挨拶のタイミング
2 お悔やみの電報をFAXで送る時のマナー あて先の差出人の書き方
3 49日法要のあいさつの仕方 お礼状につけるお花はどうすればいいか

などのお悔やみの電報のマナーがある。

これらは、私も何度か苦労した内容で、友人に聞きながらやっと仕上げたものです。

お悔やみ電報の詳しい事の知りたい方は、ユーチューブ 教えてgooなどの所を参考に。

弔電のことが画像 映像で載っており、役立ちますよ。
| 宛名
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。