弔電の文書を書こうと考えているなら、NTTのサイトにある例文を見るといいでしょう


お悔やみ電報・弔電の文章を書こうと思っているなら、NTTのサイトにある例文を見るのをオススメします。

ここから先は、それについてちょっと紹介していきたいと思う。

お悔やみ電報の文章を書こうと考えている人もいるでしょう。

例えば、知り合いの方が亡くなったけど、葬儀 葬式に参加できないといった時に送ると思います。

このお悔やみ電報ですが、文章を書くときには注意が必要です。

いくつものマナーがあるので、手紙を書くような感覚で書いてはいけません。

また、敬称といった部分も非常に難しいです。

義母 叔父 叔母といった使い分けをちゃんとする必要がある。

ですので、お悔やみの電報を書くときには例文を見ながら作るのをオススメします。

これを見ながら作れば、簡単に作ることができますよね。

すでに参考にする物があるので、その中身をちょっと変えてお悔やみの電報の文章を作るだけでOKです。

非常に簡単に弔電を打てるので、これを作るときにはぜひ使って見るといいと思いますよ。

なお、お悔やみの電報の文章の例文は、上であげたようにNTTのサイトにあります。

良かったら、こちらを検索してみると良いでしょう。

話は変わりまして。

お悔やみ電報とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないとき 出席を辞退する時などに喪主に送る、おくやみを表わす電文のこと。

郵便局のレタックス NTT西日本のサイト 電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

ところで、お悔やみの電報の事で良くされる質問の種類は、次の通り。

1 祝電の打ち方 香典の出し方 海外の宗教、カトリック・キリスト教は英語・英文?
2 おくやみの電報を国際電話から海外に申し込む場合のやり方 慶報をうまく書く方法
3 挨拶 御礼の送り方 神式 密葬 友人の場合、供花の送付は

などのお悔やみの電報の質問があります。

これらは、わたしも実家の家族が亡くなった際に困った内容で、友達に聞きながら文章を仕上げたものです。

お悔やみ電報の詳しい事は、はてなダイアリー クチコミ等のサイトを参考に。

祭儀のセレモニーの進行のやり方や。

お悔やみ電報を神式の方に送る時のコツなどが書かれており、ためになりますよ。
| 文例

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。