弔電の文書を書くときには、マナーを守るようにしましょう


お悔やみ電報・弔電の文書を書くときには、マナーを守るようにしましょう。

ここから先は、それについて説明していきたいと思います。

お悔やみ電報の文章を書いたことがある人なら分かると思います。

これには、色々なマナーがあり、それを守る必要があります。

それを守らずに適当に書いては相手に失礼になってしまいます。

「ん、ちょっとお悔やみの電報の文章がおかしいな・・・」と笑って済ませてくれる人ならいいです。

しかし、「なんだこの文面は、馬鹿にしているのか」と怒らせてしまっては大変ですよね。

ですので、お悔やみの電報の文を書くときには、マナー・常識を考えて作るようにしましょう。

ところで、弔電の決りごとですが、それはなんだか分かりますか。

それは、忌み言葉の使い方 敬称の書き方 謙譲語・丁寧語といった事のつかい方です。

お悔やみの電報の文章を作るときには、上であげたように、そういったことを必ず守る必要があります。

弔電をこれから打とうと思っている人は、覚えておくといいでしょうね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、喪主に送られる電文のこと。

郵便局のレタックス KDDI NTT東日本のサイトや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

ところで、お悔やみの電報に関する質問の種類には、次のようなものがあるみたいです。

1 キリスト教のかご花の出し方 国際電話から申し込む場合 慶報をうまく書く方法
2 送付先におくやみの電報が遅れた場合の対処法 自宅でこれを打つ際の注意点
3 喪主の義父の敬称や肩書きの書き方 社員親族の依頼の仕方

などのお悔やみの電報の質問があるみたいです。

これらは、私もこれを作るときに悩んだ内容で、多くの人の助けを得て作ったものです。

お悔やみ電報の詳しい事は、NTTのサイトやヤフー知恵袋などを参考に。

歓送会の作法の正しい仕方や。

お悔やみ電報のマナーに関する事が載っており、役に立ちますよ。
| NTT

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。